ダンスマン
バイオグラフィー
 
   
ダンスマン

DANCE☆MAN(ダンス☆マン)

ミラーボール星出身。大好きな70~80年代のダンス・クラシックスの名曲の素晴らしさを伝えるためアーティスト活動を開始。原曲の“ノリ”を損なわないように英語詞の語感を大切にしながら、オリジナルの日本語詞をつけて歌う。サウンド面では生のグルーヴに現代のテイストを加えて、新しいダンス・クラシックスを作り出している。'98年3月18日「背の高いヤツはジャマ」でエイベックスよりデビュー。
その後、彼のディスコ・サウンドは注目され、モーニング娘。の大ヒット曲「LOVEマシーン」他、数多くのアレンジを担当し、第42回日本レコード大賞では編曲賞を受賞。作曲においても、郷ひろみの「なかったコトにして」、はっぱ隊の「YATTA!」、アニメ「ケロロ軍曹」のエンディングテーマ曲「アフロ軍曹」などのヒット曲を生み出している。
2009年より、ミラーボール星にいた兄“ドリー”と、Funkユニット、“THE☆FUNKS”を結成。“横浜サマーファンクフェスティバル”(横浜BLITZ)、“SOUL POWER SUMMIT”(日本武道館)、Beat Connection(横浜アリーナ)等に出演し話題に。
また2011年、“SOUL POWER SUMMIT”から生まれたアーティストグループ“SOUL POWER ALLSTARS”の一員として、東日本大震災へのチャリティーソング“WE GOT SOUL POWER”の歌唱に参加。この曲は、ソニーミュージックサウンド、レコチョク、music.jp、dwango、XING、mu-mo等で配信されていた。

※ダンスマンに関するお問合せ
 (有)インターセプト www.i-cept.com

 
 

 

copyright(c) since 2012 Intercept all rights reserved.  ※このホームページに掲載の写真・イラスト・文面の無断転載を禁じます。 ?